2018年12月11日火曜日

全国の高校の先生方へ&12/20の全国同時多発的お披露目会のお知らせ

 弊社が開発した学問カルタが商品化します!
ついに念願の市場に投入です。創業以来、永きに渡りお世話になっているベネッセコーポレーション様からの発売です。
 「進路サポート」に学問カルタが付属し、ワークシートも掲載されています。
 正確には「未来を拓く探究シリーズ 進路サポート」です。お披露目会はベネッセさんが12/20に開催する「探究キャリア研究会」にて。僕が全国の会場をネットでつないで全国の先生方と同時多発的に学問カルタの模擬授業をするとのこと。震える。
 これからは全国の高校生ひとりひとりの手元に学問カルタが届き、ワークシートでいつでも学問の理解、自身が探究していること&興味があることと学問を繋げられます。自分の関心にあった大学・学部を選択し、志望校を選ぶことでマッチングをはかり、高校生の進路満足度を上げられます。さらにミスマッチによる退学・中退を回避できます。
 これからはPBLなどの探究学習が求められます。が、探究した内容と志望校をつなげる”学問”に対する理解がなかなか進まないのが現状。このままでは生徒の志望校選択にミスマッチが起きてしまう。これは高校生、高校の先生方、大学にとって三方悪し。ゲーム感覚でワークショップ形式で学問を理解し、志望校選択のきっかけにできるのが学問カルタ。没入しながら学問を学べます。
 開発から市場導入まで4年ほどかかりましたが、改良を加えつつ、高い参入障壁をビジネスモデルを構築することで、競争優位性と共に実現したい。海外にも出したい。
 この他にも開発中の教材や仕組みがあるので矢継ぎ早に市場に出して行きます。
 そうだ、弊社はそもそも教材作成会社でした。
 今後も教育現場に入り込み、生の課題を抽出しつつ、解決策を教材化して現場に送り届けます。

2018年11月5日月曜日

自分にとっての“イイ仕事”を“させてもらう”

10/26-28は島の教育会議で隠岐島前・海士町へ。高校魅力化プロジェクト10周年ということで、大々的な会議に。お誘い頂き、里帰り。
僕のミッションは夢ゼミ未来会議。与えられた時間は80分。この時間のために、一ヶ月前から学習センターの夢ゼミ担当と会議を繰り返す。最初は80分のために一ヶ月も時間かける?と思ったが、これがまた手強い。全然、決まらない。考えては壊し、考えては壊し。いつのまにか、明後日には島に行く日程に。
流石に、焦り始め、最後の会議では「その場で決めましょう。丸腰で来てください。」と。「ええええええ、まぢで?まぢで?言ってる??」と不安Max。
パワポ芸人の僕としては、武器も持たずに北斗の拳の世界に投げ込まれる様なもの。あまりの投げっぷりに「?????」の状態。が、ちょっとワクワクする自分がいた。恐怖体験が少しずつアドレナリンを分泌して、その状態にほくそ笑む感じ。学習センターのメンバーが、先生から聞いてきた「まずは話を聞こう。話はそれからだ。」が、響いていた。

見事に、パワポを何も作らずに、10/26の昼に島に着く。
夢探究未来会議に圧倒され(これはまた別に書く)、感動していたのも、束の間、自分の時間が近づく。
不安だ。どうしよう。何をすれば良いんだろう。
そんなことばかりが頭をぐるぐると回っていた。
そんなこんなで、夢ゼミの時間も始まってしまった。パワポも資料もないのに、意味ないのに、パソコンとか開いてみた。苦笑
教室の中には魅力化プロジェクトを、推進してきた副町長以下、行政の方々、元島根県教育長、現役島根県教委、歴代校長、元魅力化コーディネーター、学習センタースタッフ、現役の先生などなど、錚々たるメンバー。こんなに来るなんて聞いてない。笑笑
これだけの人を前にして、何も話すことが決まっていない‼️ピンチ‼️

でも、こういう時にこそ、出てくる言葉を自分で、
どこかで期待していた。
ロジックではなく、戦略とかではなく、ただ、その場を感じて出てくる想いと言葉。
その場の空気と匂いと音から出てくる、騒がしさとシーンとした静寂の境にいると、滲み出る言葉。

しばらくして、「ここにいる人たちと、魅力化プロジェクトを繋げるものは何だろう?」と言う言葉が出てきた。これだけの人達が高校魅力化プロジェクトに関わってきた、関わっている、今後関わっていく。
自分とプロジェクトを繋げる言葉が、聞きたい。
自分とプロジェクトを繋げる言葉。
そして、それは自身の生い立ちから出てくる醸し出される言葉。自身の過去と現在、未来と自身の目の前にあるプロジェクトを繋げる言葉にこそ、皆を本当に繋げ、本当のチームになる、同志になる、それを見てみたい、言葉が聴きたい、と思った。3分前までに出て来なかった言葉と問い。

僕にとっては「挑戦」
慎二という名前は、一番ではなく二番で一番を、追いかけ続けろ、挑戦し続けろという想いが由来。
だから、挑戦し続けた。
5歳で三輪車で千葉から東京に行ったり、虫が嫌いなのにボーイスカウト入ったり、中学受験したり、海外留学したり、ラグビー始めたり、塾講師始めたり、起業したり、経営者しながら、大学の教員なったり。
僕にとっては「挑戦」が生きるキーワード。
魅力化プロジェクトも挑戦の一つ。
でも、最近は少し落ち込んでいた。全国に魅力化プロジェクトを拡げることは簡単ではない。目の前で否定され、批判されたりすることもある。でも、批判する相手だって、立場と想いあってのこと。その難しさに心折れそうな時も正直あるし、今もある。でも、久しぶりに島前高校にきて、魅力化プロジェクトのメンバーにあって、この教室での空気、匂い、音の中で、やはり、元気になっていて、「あ、僕はプロジェクトからいつも挑戦する機会をもらっていたんだな」とふと気付いた。自分とプロジェクトを繋げるモノ。

この問いかけからのワークショップが、よかったかどうかは正直わからない。皆からはお疲れ様、よかったよと言われながらも、やっぱり納得がいっていない。
ずっと気になっていた。

でも、受けてくれた方からのメッセージ、そして想いと感想をいただき、本当に安心した。報われた気がした。

自分は実は仕事をさせてもらっている。
自身が、成長する仕事は、させてもらえる。

自分にとっての“イイ仕事”を“させてもらう”

自分の持つ知識とか能力とか、立場とはぜーんぶ投げ捨てて、一人の人間として、皆と対峙した時に出てくる、新しい自分との出会いこそ、自己成長なのかもしれない。

そして、今の夢ゼミメンバーに“イイ仕事”を“させてもらった”のだと思う。これは、今のメンバーからの「もっと良い夢ゼミを創っていきますので、外から見て悔しがってください。」というメッセージだったのかもしれない。

仕事をさせてもらった上で、成長までさせてもらった。もし、それが周囲の成長や気づきにつながるのであれば、本望。

もしかしたら、少し仕事の仕方変わるかも。もし、パソコンを使わなくなったら、それは、その仕事を通じて、新しい自分を見たいからかもしれない。笑

隠岐島前高校魅力化プロジェクトのメンバーは、よく泣く。僕は泣くのが不得意で、下手なので、できれば泣きたくない。

ただ、夢ゼミの最後に「9年前に、このプロジェクトに初めて参加した時にら見たかった風景を、見せてくれてありがとう。」と言った時と、メッセージをもらった時は、実は泣いていたのは、ここだけの秘密である。

2018年8月1日水曜日

グー、チョキ、パーからパー、チョキ、グーへ

先日、浦添市教育委員会の教育長と会議をしました。
その中で印象に残った言葉は、
「沖縄に外から入る人は、グー、チョキ、パーだ。
 みんな、握りこぶしで頑張るぞ!って入るのでグー。
 すると、皆、仕事が遅いとか、やる気ないとかの温度差を言い始めて、
 人を遠のけたり、切り始めるのが、チョキ。
 挙げ句の果てに、だめだー、やめたーと手放して、手を挙げるのがパー。
 このケースがとても多い。
 うまくいくのは、まずは自分の実績も考えも手放して地域に入るパー。
 フラットな付き合いの中で、必要な人を選び(チョキ)、
 チームを固い握手でつくるグー。
 パー、チョキ、グーなんだよ。」

とても納得。
これは沖縄に限らず、どの地域でもそうかもしれない。
地域に都会から入る若者はグー、チョキ、パーが多い。
海士町では、まずはパーになれとY課長に徹底的に仕込まれました。まだ出来ているかはわからないけど、意識はしています。

地域によって問題は異なるし、それが生じた経緯も、原因も異なります。
であれば、当然、解決策も、解決するプレイヤーも異なります。
でも、なぜか皆、これでいいはず、と、解決策から入るものです。

問題解決で注意すべきは、解決策から問題を作り上げてしまうこと。
あくまで問題意識から考えるべきなのだけど、うまくいった解決策を使いたがります。
おそらく、人は誰もが「楽」をしたがる。
便利な武器を手に入れたら、使いたがる。
デートで、相手にウケが良かったお店はまた使いたがる。
相手が別人でも。
誰もがある現象でしょう。
でも、本当に問題は同じなのでしょうか?
原因や経緯は同じなのでしょうか。

頭や気持ちを一度、開いて考える必要がありそうですね。

パー、チョキ、グー。


「握りこぶしと握手はできない」


ガンジーの言葉が浮かんだ会議でした。

2017年12月13日水曜日

スーパージェネラリストになるには

近年、高校で地域性を生かした特色あるコースや学科、総合科目ができています。
国際観光科や地域創造科など。
今後はワイン科など増えて行くでしょう。


ただ、「それらを学んでもむしろ専門的で、高校生の進路選択の幅を狭めるのでは?」

という意見があり、
僕は「そんなことないですよ」
と言っていましたが、なかなか理解が得られませんでした。
が、これは良い話です。

「一芸に徹すれば万般に通ず」
〝 〔スーパージェネラリスト〕
 アメリカのニューメキシコ州の片田舎に、
 現代科学の最先端のテーマ、「複雑系」を研究する
 サンタフェ研究所があります。
 世界的に知られるこの研究所では、
 物理学、生物学、心理学、政治学、経済学、社会学など
 様々な分野の専門家が世界中から集まり、
 広汎な学際的研究が行われています。
 かつて、このサンタフェ研究所を訪問したとき、
 初代所長のジョージ・コーワン博士に会う機会を得ました。
 そのとき、博士の語った言葉が、心に残っています。
 「世界中からノーベル賞級の研究者が集まる
  このスペシャリスト集団をマネジメントするために
  どのような人材が必要なのでしょうか」
 その問いに対して、コーワン博士は、ただ一言で答えました。
 「スーパージェネラリストです」
 なぜ、博士のこの一言が、深く心に残っているのか。
 それは、博士の語る「スーパージェネラリスト」とは、
 単に、様々な分野の知識を幅広く理解している人材
 という意味ではなかったからです。
 「スーパー・ジェネラリスト」とは、
 一つの専門分野を深く掘り下げた経験を持ち、
 その結果、すべての分野に通じる
 深い叡智を獲得した人材のことだったからです。
 一芸に徹すれば、万般に通じる。
 その古き日本の諺のごとく、
 我々の叡智を求める営みは、
 あたかも「井戸水」のように、
 一つの場所を深く掘り下げていけば、
 必ず地下水脈に突き当たり、その地下水脈は、
 どこまでも横に広がっている。
 西洋科学の最先端が求める「スーパージェネラリスト」
 それは、東洋思想における
 叡智の在り方に通じる言葉でもあったのです。
                  田坂広志さんより〝

田坂さんが引用した“一芸に徹すれば、万般に通じる。”

確かに、一つのことを突き詰めると問題や課題が多岐に渡ります。
なぜなら、一つの物事は、実は複雑に様々な要素が絡み合っており
一つの分野や学問でアプローチすることは困難です。
だからこそ、突き詰めていくと、様々な分野や学問に突き当たります。
その経験がスーパージェネラリストを育むのではないでしょうか。


そして高校生であれば、様々な分野や学問に触れられることで、自身のやりたいことを見つけられるのではないでしょうか。


私自身がお世話になった慶應義塾大学SFCもそのようなキャンパスだったのでとてもよくわかります。

“一芸に徹すれば、万般に通じる。”

心に留めておきたい言葉です。

2017年10月27日金曜日

課題解決型授業の“課題”とは何か

大学国際マネジメント入門の授業クライマックス迎えまし

授業は、僕以前、設計に関わっ内容本学本学部に合う様にゼロベースで見直し講義です。

2011年に開発に関わっ授業です当時はようやく大学でも「課題発見解決能力必要」と言われ始め時期。さらには就職見据えて社会人基礎力身につける講座必要だけど、どうやって企業経験大学に持ち込むか、良質な失敗体験積ませる、など余震起きている新宿や明治大学キャンパスで議論しな作っていまし

もちろん、当時は精一杯モノ作ってい自負はあります。

しかし、記録は破られるめにある、と同様に、教育プログラムも、それこそプログラム自身課題発見解決、教育哲学や社会状況変化により更新されるは宿命なかもしれません。

2011年当時よりは高校でも大学でも課題発見解決型、つまりはPBL型授業が増えてきまし
当時僕は、SFC(慶應義塾大学 湘南藤沢キャンパス)時代に培っプロジェクト学習知見活かして、海士町で夢ゼミや夢探究というPBL型授業設計と実施してまし
当時は珍しかっ様です今では4割くらい高校課題発見解決型授業り、大学ゼミ活動なども含めて地域に出て課題発見解決するという教育スタイル散見される様になりまし
それはそれでいいことだと思います。

しかし、高校生や大学考える課題や解決策見てみると、ある傾向ありまし。それは
①課題発見解決策他人事
 つまり評論家的な視点で、自分ごと感感じない。(で、それ、キミやる?魂込めて)
そして、これは致命的、
②課題発見解決策だいい同じ
 予定調和でし

①に関しては、やはり自分に関係ない問題に取り組んだって、自分ごとにはならないんですよね。
ハックマンとオールダム職務特性モデルでも「仕事結果に感じる責任」ないと「高い内的仕事モチベーション、質高い仕事業績、仕事へ高い満足、欠勤・離職率低下」に繋らない様だし。
自分に関係ない問題に取り組むことは仕事結果に感じる責任感産みにくいと考えると、そもそも課題発見解決型授業アウトカム達成しにくいと思います。

②に関しては、だいい「地域発見してSNSで発信しよう!」「ゆるキャラ作ろう」「地域良さわかれば人来るはず!」など収束してしまう傾向あっ
あとはどこからともなく良さそうな解決策持ってくるとか。深堀して考え抜いからは遠いもです。
(それはそれで高校生や大学頑張って考えでいいでは?と思うけど、企業で研修費用削られている状況では少しでもできることはしほういい立場です。)

2点に関して、悩んでいところに、本学山本先生ちと議論で得られ知見から、
身近で自身に関係して、場合によっては問題・課題可変可能」
コンピテンシーだけ重視するではなくリテラシーも育みなら(授業でリテラシー育成並行して実施)」
2点ポイントになっかなと思います。もちろんすべてチームではないけど、なかなか質高いプレゼンや質疑応答プレゼン大会で出てきではないかと思います。
2点課題様に解決しようとしかはまいずれ。

国際マネジメント入門は大先輩2名先生に、新米教員引っ張られならなんとか形に残すことできまし。感謝。

来年はもう少し良い動きします。(宣言)

教員みなさま、学生さん、太陽アソシエイツ方々、ありとうございまし

2017年9月25日月曜日

ビリギャル×ふるさと留学説明会 ~不可能を可能にする国内留学とは?~

今回はふるさと留学と、あの”ビリギャル”がコラボします。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
10月15日(日)10:00~13:00@水道橋
特別トークイベント ゲスト「小林さやかさん」
『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』の主人公”ビリギャル”ご本人。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ビリギャルといえば、ベストセラーのみならず、映画化までされ、社会現象にまでなった「学年ビリのギャルが1年間で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」の主人公です。
おかげで慶應大学を受ける生徒が増えて私は嬉しいです。しかも、学部まで同じ!(筆者:慶大SFC出身)
今は29歳になられて、生徒や保護者向けに出張授業などされています。

ビリギャルこと、小林さんは5つのことを実践すれば不可能は可能に変えられると教えてくれました。感心して聞きながらも「ん?それはふるさと留学先の高校でもできる、もしくはしているのでは?」と思い返しました。

ふるさと留学先の高校改革×公営塾×教育寮には、ビリギャルが伝えたい不可能は可能に変える5つのことがあるんだ!と言うのが発見でした。

ビリギャルの「不可能を可能に変える5つのこと」に興味がある人。
ふるさと留学・国内留学に興味がある人。
どちらにも興味がある人。

ぜひ、おいでください!


また、当日は採用についてご案内するブースも設けますので、公営塾で働いてみたい、高校魅力化プロジェクトに興味があり、私も参画したい!という方もぜひおいでください!


文責:株式会社 Prima Pinguino代表 藤岡慎二 北陸大学経済経営学部教授 総務省地域力創造アドバイザー


◆ビリギャル×ふるさと留学合同説明会

日時:2017年10月15日(日)10:00~13:00
会場:リロの会議室「水道橋」〒112-0004 東京都文京区後楽1-2-8 後楽一丁目ビル 4階
対象:中学生とその保護者など、ビリギャル、もしくはふるさと留学に興味がある方
料金:無料
参加申込:ビリギャル×ふるさと留学合同説明会の申し込みフォームよりお申し込みください
参加校:久米島高校(沖縄)、大崎海星高校(広島)、白馬高校(長野)、只見高校(福島)、阿賀黎明高校(新潟)、和気閑谷高校(岡山)
公営塾スタッフ募集地域:利尻、夕張、白糠、大崎上島、伊方

>>>お申し込みはこちらをクリック<<<


*ふるさと留学とは
============================================================================
ふるさと。

そこには、ゲームセンターも映画館も大型SCもない。分刻みで次々と流れてくる電車も、
見上げるような高層ビルもない。コンビニも、信号すらほとんどないことも。

でも……

トカイの子・イナカの子との刺激ある新しい出会いがある。
温かく明るい地域の人々とのふれあいがある。
満天の星空や豊かな緑、透き通った海がある。
鳥のさえずりに目を覚まし、虫の声とともに眠る日々がある。
寮生活を通じて高まる自立心がある。
地域の支援により運営される公営塾がある。
地域特性・地域資源を活かした、そこでしか学べない独自の教育プログラムがある。

そんな「何もないようで、すべてがある」日本の“ふるさと”で過ごす、かけがえのない高校3年間を創ってみませんか!?

――それが「ふるさと留学」!いま、新しい高校進路選択のひとつとして、注目されています。

どんな仕組みなの?どんな地域や学校が受け入れてるの?毎日の学校生活は?費用は?我が子(自分)でもやっていける?

そんな疑問にお答えする、合同説明会を開催します。

今回の参加校は、

・久米島高校(沖縄)
・大崎海星高校(広島)
・白馬高校(長野)
・只見高校(福島)
・阿賀黎明高校(新潟)
・和気閑谷高校(岡山)

各地の担当者も来場しますので、個別相談も可能です!

【こんな人(保護者・生徒)はぜひ!】

・中学生(特に中3)のお子さまがいらっしゃる保護者の方
・高校の進路をまだ決めかねている方
・このまま地元高校→大学という「普通」の進路より、もっと特別な経験を積ませたい方
・地元に行きたいと思える高校がない方
・寮生活で子どもの自立心を育てたい方
・中学までと環境を変えて、新しい高校生活に挑戦したい方
・大集団よりも、少人数の手作りの教育の中で学びたい方
・トカイよりもイナカが好きな方
・家族での地方移住を考えている方
============================================================================

◆ビリギャル×ふるさと留学合同説明会

日時:2017年10月15日(日)10:00~13:00
会場:リロの会議室「水道橋」〒112-0004 東京都文京区後楽1-2-8 後楽一丁目ビル 4階
対象:中学生とその保護者など、ビリギャル、もしくはふるさと留学に興味がある方
料金:無料
参加申込:ビリギャル×ふるさと留学合同説明会の申し込みフォームよりお申し込みください
参加校:久米島高校(沖縄)、大崎海星高校(広島)、白馬高校(長野)、只見高校(福島)、阿賀黎明高校(新潟)、和気閑谷高校(岡山)
公営塾スタッフ募集地域:利尻、夕張、白糠、大崎上島、伊方

>>>お申し込みはこちらをクリック<<<

2017年8月23日水曜日

高校魅力化プロジェクトの卒業生は

全国各地で実施されている魅力化プロジェクトスタッフ募集で
よく問い合わせがあるのは「プロジェクト卒業後どうなるの?」です。
私たちが実施しているプロジェクトは地域おこし協力隊を活用しています。地域おこし協力隊は3年間の任期付きです。
3年後には定住か、移住かを選ばなければなりません。定住するのであれば問題はありませんが、移住する場合はキャリアが心配ですね。そこで今回は卒業生がどうなっているのかを取材してもらいました。
高校魅力化プロジェクトを卒業後、キャリアアップしている人たちに登場してもらいます。高校魅力化プロジェクトが参画した人にとっても意味・意義あるプロジェクトであり、将来、教育やその周辺で活躍する人の登竜門になっているという文化を根付かせたいと思っています。
卒業後、ある人は大学教授に、ある人は国際バカロレアの先生に、ある人はデンマークに留学し、日本のその教育を持ち込もうと実践している。皆が、志をもち、実践している。これってすごいことなんじゃないかと思っています。

なぜこのようなキャリアを歩めるかといえば、(もちろん場所によってですが)組織や地域のためだけのキャリアデザインではなく
「仮に3年で出て行っても、困らないように」と言う考えが高校魅力化プロジェクトのスタッフには働くのでしょう。
組織や地域のみならず自身が望む、かつ汎用的なキャリアを積むことができる期間って、人生の中でとても大切だと思います。
組織や地域に可愛がられれば、それはより一層強くなるし、もし、そういう人が地域を出て行っても、地域の関係人口として、将来の認知人口・関心人口・交流人口の増大を望めます。いずれは定住人口になるでしょう。

地域に留めるだけでなく、地域に来た風の人の成長は、やがて新たな風となって地域に返ってくるのです。

目指すは教育界のリクルート、もしくはマッキンゼー!
(卒業した人が頑張って活躍している意味で)

まちづくりと教育